エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

中川翔子(しょこたん)闇の理由!父・勝彦の死因と不倫スキャンダル画像の真実にショック!

      2015/10/30

しょこたん☆ブログ』では絶大な記事数とアクセス数を誇っていたしょこたん!以前程の勢いを感じられなくなったしょこたんが抱えるがあるみたいです

しょこたんのについてまとめましたのでご覧ください♪♪

  • プロフィール
  • ぼっち
  • 本名は『しようこ』
  • 亡き父・勝彦

 

プロフィール

947f373944a6234d5586a00f56a5d983_17251_Fotor

 名前 中川翔子

 愛称 しょこたん

 本名 中川しようこ

 生年月日 1985年5月5日(30歳)

 出身地 東京都中野区

 血液型 A型

 身長 157cm

 デビュー 1990年

 

女優、声優、歌手、タレント、グラビア、ブロガーなどあらゆる方面で活躍しているマルチタレントです。

しょこたん曰く、

10代は暗黒期。

20代は歌とライブに出会えて色々出来た!

30代突入は強くかっこよく、メガ進化してスーパーしょこたんになりたいのだ!

と30代の豊富が明るくて一安心。

しょうこ0150614-00000003-techin-002-1-view_Fotor

 

ぼっち

53e022f7-s_Fotor

オールスター感謝祭安倍晋三主催の桜を見る会で”ぼっち”の写真を自らブログに上げていたので心配したファンも多かったようです。

しょこたん家庭内でいろいろあったようなのであの明るいキャラの裏に闇を感じていたファンもいました。
3d5fc28e_Fotor

9d587322_Fotor

世間の声がこちらです!

”営業トークは出来るけど、本当に人付き合いは出来ない”

”自殺しないか心配”

”家庭内のことが陰を落としてふとした瞬間にものすごく暗いオーラが出てる”

と心配されていました。どんな闇なんでしょう?

 

本名はしようこ

tumblr_lg6gvbG9Nc1qaayqno1_400_Fotor

本名翔子』でも『しょうこ』でもなく、『しようこなのもなんだか寂しくなってしまうエピソードのうちの一つです。

”出産時、母娘共に危険な状態で、母方の叔母が代理で出生届けの手続きを行った。『薔子』で『しょうこ』だったが、人名漢字でなかったため受理されずに叔母は激怒。

ならばと、ひらがなで『しょうこ』と書いたつもりが書きなぐったため、『しようこ』と誤って登録された。

これに気づいたのはしょこたんが成人を迎え、戸籍を見直したしょこたん本人だった。家族もしょこたんに言われるまで気づいていなかった。”

自分の名前を書きなぐりされ、本名は”しようこ”なんだか悲しいですね。。

20121119_watanabemayu_19_Fotor

 

亡き父・勝彦

10121390065_Fotor

 名前 中川 勝彦

 生年月日 1962年7月20日(32歳没)

 職業 ミュージシャン・俳優・声優

 活動期間 1980-1994年

 大学 慶応義塾大学(中退)

 

高校生からバンド活動を始め、高校3年生の時に出場したNHK『ヤングMUSICフェスティバル』をきっかけにメジャーデビューしました!

middle_1322638375_Fotor

とてもイケメンですね!

1985年勝彦が22歳の時にしょこたんが生まれます。

”勝彦はアイドルだったため、出来ちゃった結婚だという事実は隠されていた”

んだそうです!しょこたんがデビューして明らかになったことだそうです!

20131105062328_Fotor

しょこたん同様勝彦もオタクで、

”ゲゲゲの鬼太郎や楳図かずおの作品を読まないとちゃんとした大人になれないぞ”

英才教育だとそれらの漫画本をしょこたんに大量に買い与え、感想を述べ合っていたそうですww確かにしょこたんの将来に大影響を与えましたよねww

しかし、勝彦は家に帰ってくる日はほとんどなかったそうです。

4eed08be_Fotor

1992年9月

急性骨髄性白血病を発症

o0240032011103506044_Fotor

当時の母・佳子の日記には、

5801f0c5_Fotor

4ecbd340_Fotor

佳子の不安な気持ちが書かれていました。

病気になってから勝彦は周囲に、

”子どもが小さいからまだ死にたくない”

と言っていたそうです。

そこで、ドナーを身内から探していましたが、誰とも骨髄が合わず

2vf7ILB75JsMZgf_16159_Fotor

cedb3623-s_Fotor

”翔子の体に傷がつくのは耐えられない”

という勝彦の希望で、しょこたんがドナーになれるか調べなかったそうです。

そして、

1994年9月17日

32歳という若さで亡くなる。

亡くなってしまったのはしょこたんが9歳の頃でした。

ここでしょこたん矛盾発言が出てきます!

2005年

”父を思い出して泣くことはない。

ほとんど家にいなかったから。

祖父が私にとって父親代わりで祖父のことを『パパ』『パピィ』と呼んでいたから”

2006年

”ゲームをしている時に母親から”父が死んだ”と聞かされて”ふ〜ん”と思った”

2010年

”父を思い出すと涙が出るから考えないようにしている。

病院に呼ばれて私の手を握った瞬間に父は亡くなった。

しかも死んだ時刻に時計が止まった”

という明らかな矛盾です!!しょこたんには虚言癖があることも有名です。。

 

 

IMGP8107_Fotor

 

そして、勝彦死後17年後、ショッキングなスキャンダルが発覚します。

2011年

”写真24枚【勝彦が妻でない女性と性行為をしている写真が】ネット上にアップされる”

流出経路や動機は明らかになっていませんが、一説として、勝彦の肉声を集めたCDの売り上げをあげるための戦略だったのではないか、と言われています。

いわゆる炎上商法です!

現在は全て削除されたようで当時見た人しかどんな写真だったのかわからない情報です。

NEWS_Fotor

この騒動にしょこたんはショックを受け、

”勝彦からもらったずっと大切にしていた誕生日カードを衝動的に捨ててしまった”

んだそうです。しょこたん9歳の時の誕生日勝彦が亡くなってしまう4か月ほど前に貰ったものになります。

自分の父親の生々しい写真を見てしまってはショックを受けて当然ですね。。しかし、母親により元に戻されてまた大切に保管されているそうです!

イケメンだったのでおモテになったのでしょうね。

父1

父ce8124_Fotor

しょこたんに面影がある勝彦ファンがネットで書き込んでいましたがどうですか?

frompuberty_Fotor 中川翔子3_Fotor

確かに!鼻や口元が似ているように思います!

2014年9月17日しょこたんTwitter亡き父について綴っていました!

”今日は父の命日。20年経つなんて早いなあ。

父の歩いたいろんな相後に巡り会いながら辿ってきた。

これからも父が”生きた証”は残る”

edc29229_Fotor

言うことをころころと変えてしまうしょこたんなので、次になにを言い出すか分からないのですが、、

”勝彦の『生きた証』の一番はしょこたん”

ということは真実なのではないでしょうか!

 

↓しょこたんの家族や炎上についても見てみる!

しょこたん母・桂子の年齢や昔の若い頃の画像!祖父の死と遺言の内容が!

しょこたん猫マミタスのブログ炎上!短足&劣化?水着画像も!

 

5751_Fotor

30歳を迎えたしょこたんどのような30代になっていくのでしょうか!今後の発言も気になりつつ、応援していきたいです!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 - グラビアアイドル, 女性アーティスト, 女性アイドル, 女性タレント