エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

山県亮太がアジア大会100メートル銅メダル!9秒台や実家も

   

Pocket
LINEで送る
Pocket

ジャカルタのアジア大会の第9日の2018年の8月の26日に陸上の男子100メートル決勝がありました。その100メートルには日本の山県亮太選手が10秒00の自己記録に並ぶタイムで銅メダルを獲得しています。

2位のオグノデ選手は山県選手と同じ10秒00だったんですが着差判定のために通常は発表されない1000分の1秒まで公式記録に示されたんです。

そして測定値では山県選手は9秒997でオグノデ選手は9秒995だったために3位となりました。

100メートルでは1000分の1秒まで測定してそれを切り上げて100分の1秒までを記録として発表することになっています。

その為に山県選手の正式な記録は10秒00となってしまっていてわずかに9秒台には届きませんでした。

陸上のトラック競技の記録と着順は1秒間に1000コマ以上の高速でフィニッシュライン上を撮影していてその写真をつなぎ合わせた物を読み取って判定しています。

選手の胴体がフィニッシュラインに到達した瞬間を1000分の1秒単位で計測していて100分の1秒単位に切り上げたタイムが公式記録として発表されます。

その為に1000分の1秒単位の計測値は複数の選手の公式記録が同じだった時に着差判定のため使われていてその場合にのみ公表されることになっているんです。

 

つまり公式記録で9秒台の9秒99が認められるには計測値で9秒981~9秒990となります。

今回の山県選手は9秒997となっていてわずか正式な9秒台にはあと0秒007早くする必要があってこれは距離に換算すると約7センチ分短縮しなければならないことになります。

山県選手は2017年の9月にも10秒00を出していました!

日本の初となった9秒台は2017年の9月に日本学生対校選手権で桐生祥秀選手が出した9秒98でした。

山県選手は2017年9月に日本歴代2位タイの10秒00をマークしていましたが9秒台はもう時間の問題ということも言えますね!

プロフィール

  • 名前:山縣亮太(やまがたりょうた)
  • 生年月日:1992年6月10日
  • 年齢:26歳
  • 出身:広島県広島市
  • 身長:177cm
  • 体重:70kg

山県選手はサッカーなどに興味を持っていて小学生の頃から野球やサッカーをしていました。しかしある時に為末大さんのクラブを知ってそこから陸上にハマっていき為末大さんのクラブに入部しています。

そして小学生では全国大会に出場していて見事に8位というう高成績を出しています。その後も大学進学にしていてロンドン五輪やモスクワ世界選手権大会などに出場。徐々にですが実績を積み上げていきました!

しかしモスクワ大会では残念ながら怪我を負ってしまい予選敗退と言う悔しい結果の終わってしまっています。

その後も2017のロンドン世界陸上への出場は足の故障で掴む事が出来ずにいました。しかしその後に行われたオーストラリアの大会では10秒08を残していて9秒台はもうすぐそこと言われています。

そしてその後に山県選手は10秒00の記録を二回も出しています。安定感も徐々にですが出始めていて9秒台はいつ出てもおかしくはない状況となってきています!

年収はいくら?

山県選手はセイコーに所属しているんですがその待遇が、かなりすごいと言われています。オリンピック出場や本番などで結果を出せば相当なボーナスが支給される仕組みです。

セイコーは腕時計で有名なメーカーでセイコーで一番高い高級腕時計は「FUGAKU」と呼ばれる物で価格は5000万はする超高級腕時計です。

国内でもトップレベルのシェアを誇る企業ですから山縣さんの年収は少なくとも1000万以上はあるのでは?と言われています。

今回のアジア大会ではリレーでは金メダルを取っていて100メートルでは銅メダルとどちらもメダルを獲得していますからボーナスも出るのではないでしょうか?

さらに9秒台を出すことが出来ればかなり注目されますから年収の方も楽しみですね!

 

おすすめ記事

藤光謙司が2017世界陸上ロンドンの400メートルリレーのアンカーで銅メダル

藤光謙司が2017世界陸上ロンドンの400メートルリレーのアンカーで銅メダル

実家について!

山縣さんは広島県出身なのですが実家がスポーツ店を営んでいるとのことです。しかも地元ではある程度知られていて創業49年の老舗スポーツ店となっています。

お店の名前は「ニシヒロ」というお店で両親が現在でもお店の経営をしています。山県選手はメダルを取ったということですので今後は両親へのインタビューもあるかもしれませんね!

そういった環境で子供の頃から育った山県選手は子供の頃から当然のようにスポーツをしていました。しかし最初から陸上をしていたわけではなくて当初は野球とサッカーをしていたんです。

それでも小学生の頃から陸上をやっていましたので走り方はこの時に身に着けたのが今でも大きいんだと思います。

 

 

おすすめ記事

サニブラウン2017世界陸上ロンドン200メートル7位!

サニブラウン2017世界陸上ロンドン200メートル7位!400メートルリレーは?

 

Pocket
LINEで送る
Pocket

 - 男性アスリート