エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

本橋麻里が休養!結婚相手の旦那や子供は?オリンピックの経歴も

   

Pocket
LINEで送る
Pocket

平昌冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)のカーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見の本橋麻里選手が当面の間、選手としてプレーしないことを発表しました!

 

チームの公式ホームページで発表していてそれによると今後は本橋麻里選手はチームの運営や選手が競技選手が集中できる環境環づくりに携わりますとしています。

暫くの間は選手としてのペースを落として休養という形を取らせるとのことです!ただカーリング人生は長いことから選手を辞めることはないと言及していますので落ち着いてきたころに選手として復帰するんだと思います。

またLS北見はチームとして若手選手を育成するためセカンドチームを発足させることも合わせて発表しています。

このチームの代表責任者は本橋麻里選手が務めます!

本橋麻里選手は平昌五輪では控え兼主将として選手としてはプレーはしていませんでしたが出場している選手たちに指示を送るなどして銅メダルの獲得に貢献しています。

 

プロフィール

生年月日: 1986年6月10日 (年齢 32歳)
生まれ: 常呂町
身長: 161 cm
体重: 51 kg
 

本橋麻里選手は当時まだ12歳でカーリングをはじめました。

マリリンズに所属していた2002年に全日本ジュニアカーリング選手権で優勝していて世界ジュニアカーリング選手権にも出場しています。 

高校3年生の2月にはトリノオリンピックに出場することになるチーム青森に招集されています。その後は2003年に河西建設女子チームに加入していて2004年には世界カーリング女子選手権にも出場しました。

 

 

2005年にチーム青森に加入していて2006年のトリノオリンピックでは最年少となる19歳での出場を果たしています。

2010年のバンクーバーオリンピックに出場後にチーム青森を脱退していて本橋麻里選手の地元である北海道の北見市常呂町を拠点とするチーム「ロコ・ソラーレ」(LS北見)を設立しました!

そして2016年の3月の世界選手権では日本勢初となる銀メダルを獲得。20179月には中部電力を下して平昌オリンピックの出場権を獲得することに成功しています。

私生活では2012年に一般人男性と結婚していて2015年に長男となる第一子の子供を出産しました。

結婚相手や子供は?

本橋麻里さんは2012年5月3日に結婚していて2015年10月19日に第1子となる男の子の子供を出産されていました。

結婚相手となる旦那さんはカーリング関係者ではなく同じ地元北海道の一般人のようです。旦那さんは一般男性の為に名前や画像等は明らかとはなっていません。

カーリングについては全く知らない状態なんだそうです。

本橋麻里選手にとってもカーリングと接点がないことが逆に魅力を感じたのかもしれませんね!?本橋麻里選手は選手としての休養を発表していますが2018年現在で3歳となる子供の存在も関係しているのかもしれません。

 

おすすめ記事

カーリング女子日本代表がかわいい!

カーリング女子日本代表がかわいい!藤澤や本橋の名前や写真

カーリングでオリンピック出場!

カーリング女子日本代表でLS北見の本橋麻里選手自身2度目となる五輪だった2010年バンクーバー大会に出場しました。

本橋選手が当時所属していたのはチーム青森で青森県カーリング協会が受け皿となって日本のトップ選手が集められていました。

集中して強化を図る日本カーリング協会の支援もあって競技人口の少ない国内で1強という立場でした。

初出場となった2006年トリノ五輪に続く2度目の五輪出場をするのはそんなには難しくなかったんです。

しかし五輪のためだけに活動するチームには限界があってトリノ五輪でカーリングが人気となりましたが大会後に結婚を考えていた主力2人の退団で弱くなってしまいました。

新メンバーと組んでからの4年間で出場したバンクーバー大会はトリノ大会より一つ順位を下げて8位という結果に終わっています。

そこで本橋麻里選手は2010年夏にチーム青森を退団するという決断を下したんです。さらに故郷の北海道北見市でLS北見を立ち上げもしました!

特定の団体や企業に依存せずに幅広くスポンサーを集める形でのチーム運営はこれまでにはない形だったんです。

しかしその分、本橋麻里選手自らが選手獲得をしたりスポンサーを探したりしなければならず最初はかなりの苦労があったといいます。

 

本橋麻里選手自身としても2012年に結婚してさらに子供を出産して現場を離れる時間も多くなっていました。

その時は勝てない時期が続きましがそれに見事に耐え抜きました!

2015年には本橋選手、藤沢五月選手、吉田知那美選手、吉田夕梨花選手、鈴木夕湖選手の5人でメンバーが固まっていて2016年の春の世界選手権で銀メダルに輝いています。

本橋選手は産休から復帰後は控えが多くなりましが精神的にも随分と成長しているとのことです。その流れがあっての平昌オリンピックでの銅メダル獲得があったんでしょうね!

 

おすすめ記事

藤澤五月のタバコ問題とは?

藤澤五月のタバコ問題とは?パクボヨンに似ていて彼氏の噂

 

Pocket
LINEで送る
Pocket

 - 女性アスリート