エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

浅田真央にデート熱愛報道はフラッシュ!彼氏はロマ・トニオロ?

   

週刊誌のFLASHが浅田真央さんに対してデート熱愛報道を報道しました!フラッシュが目撃した場所はパリのルーヴル美術館でド黒いキャップを目深にかぶってマスクをしていた浅田真央さんを目撃しています。

そこにはもう一人いて長身のイケメン白人男性と一緒に歩いていたんです。この男性は元フィギュアスケート選手で、現在は日本でモデルとして活躍するロマ・トニオロさんでした。

ロマさんは2015年に成田空港でテレビ東京の『Youは何しに日本へ?』にキャッチされて出演して話題になりましたよね。ロマさんはフランス人となっています。

フラッシュが浅田真央さんを直撃したところロマさんとは友人の関係だといいます!事務所によるとオフのスケジュールは管理していなく最近は国内外を旅行したりすることが多いんだそうです。

事務所としても二人の熱愛は認めていなく友達ということで熱愛は否定しました。果たして近い将来にも国際結婚ということになるんでしょうか!?注目ですね!

名前    : 浅田 真央(あさだ・まお)
生年月日  : 1990年9月25日(27歳)
出身地   : 愛知県名古屋市
血液型   : B型
身長・体重 : 164cm・47kg
所属クラブ : IMG TOKYO
趣味    : ジグソーパズルとレゴ制作

真央さんは5歳からスケートを始めました。2003年の中学生の13歳の時には中部ブロック大会でトリプルアクセルを決めています。

この時から「天才少女」として注目されていました。

オリンピックには2010年に初出場となったバンクーバー五輪で銀メダルを獲得。

その4年後の2014年のソチ五輪ではSP(ショートプログラム)で何度も転倒してしまい16位となってしまいましたがFS(フリー)では女子史上初となる全6種類の合計8回の3回転ジャンプを成功させて自己ベストを更新して142.71点を叩き出してフリーでは3位となります。

最終順位は6位とメダルは逃してしまいましたが見るものに感動を与えてくれる演技を披露してくれました。

その他に世界選手権は3回の優勝を果たしていて全日本選手権では中学生の15歳でトリプルアクセルを2回も飛んでいます。そして16歳の高校1年生で優勝してから実に6度の優勝を果たしています。

Romain Toniolo
生年月日:1989年11月28日
現年齢:27歳
出身地:フランス・トゥールーズ
血液型:O
瞳の色:ブルー
毛髪の色:ライトブラウン
身長:186 cm

浅田真央さんの外国人彼氏と言われているロマ・トニオロさんは15歳の時にフランスで1、2位を争う大手モデル事務所に所属しファッションモデルとして活躍します。

パリコレモデルの出場経験がある程なんです。

そしてモデル業と同時にプロフィギアスケート選手としても活動しています。スケートをしていた期間は8歳から21歳までの13年間となっています。

高校を卒業するとメイクアップアーティストの学校に入学しヘアメークアーティストの資格を取得。そしてメイクアップアーティストとしても活動しているんです。

ロマ・トニオロさんが日本で有名になったのは「Youは何しに日本へ」で密着取材を受けてからでした。自分のハンコを作りたいとのことで密着取材を受けていてハンコ王子として日本では一時期ブレイクしています。

 

おすすめ記事

クイズ王・能勢一幸の現在は何をしているの?結婚や子供について!↓
http://chikiyumi.com/22914.html

二人の馴れ初めは?

二人の出会いやきっかけとなる馴れ初めはなんだったんでしょうか?気になりますよね!

ロマさんも一時期はプロフィギアスケートとして活動されていたので競技場で浅田真央さんと顔をあわせることがあったのかと思ったんですがどうやらロマさんのスケートのレベルは国際大会に出場するようなレベルではなかったそうなんです。

ということはフィギュアスケートでの接点はないことになりますね!?

週刊ポストの報道よると浅田真央さんはもともとロマさんの大ファンだったんだそうです。そして2017年の1月に名古屋で行われたイベントで念願の共演を果たしています。

このときは声をかけたのは真央さんの方からだったんだそうでかなりのファンだということがわかりますね~そのファンぶりは真央さんのスマホの待ち受け画像はロマさんだといいますから相当なことがわかると思います。

引退の理由は?

浅田真央さんは2017年4月10日のブログでの引退発表となりましたが引退の理由はなんだったんでしょうか?

 

その理由は2016年の12月に行われた全日本選手権で自己最低の12位に終わったのが大きかったんだと思います。大会直後は、「現役続行」と言っていて具体的には2018年の平昌五輪に向けて頑張ろうとしていたんですが…

そして2017年3月の世界選手権で日本女子勢のフィギアで日本代表選手は三原舞依選手が5位、樋口新葉選手が11位、本郷理華選手は16位に終わってしまったことから五輪の出場枠が2選手だけとなってしまいました。

そしてピョンチャン五輪を目指してきていた浅田真央さんでしたから今の状態では平昌五輪日本代表になることは難しいと現実を悟ったんだと思います。

また2015年の世界選手権前から左膝を痛めていたという影響もあったんでしょう。2016年のフィンランディア杯では得意技であるトリプルアクセルを回避しています。

その左膝の怪我もどんどん慢性化しているという話もありましたのでピョンチャン五輪の出場を叶える日本女子の2名の枠に入ることはますます難しい状況となっていたわけです。

 - 女性アスリート