エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

村田修一が巨人を自由契約で戦力外通告!年俸や移籍先は?

   

プロ野球の巨人2017年の10月13日に村田修一内選手との契約を自由契約にすると発表していて事実上の戦力外通告をしました。

今後は新天地でのプレーを目指していくことが濃厚になっていてまだ現役は引退せずにプロ野球選手を続けていくようです。

村田選手は2011年オフにFAで横浜から巨人へと入団しました。移籍初年度の2012年には巨人の第76代となる4番打者を務めていて2013年の秋には選手会長にも就任しています。

今季の成績は118試合に出場して打率2割6分2厘の14本塁打、58打点となっています。前半戦は代打出場が主となっていて規定打席には到達しませんでした。

来季は残り135に迫っている通算2000安打の達成もありますのでまだまだ選手としてはやれるレベルだと思います。

今回の巨人の戦力外通告に関して鹿取GMによるとチームの若返りというのが理由のようです。FAでは補償が発生することから最大限の今までの貢献を評価しての自由契約となっていてその方が選択肢が広がるんだそうです。

プロフィール

出身:福岡県糟屋郡篠栗町

誕生日:1980/12/28

身長:177cm

体重:92kg

プロ入り:2002年(自由獲得枠)

初出場:2003/3/28

出身高校:東福岡高等学校

出身大学:日本大学

村田選手は2002年のドラフト自由獲得枠で横浜に入団しました。その横浜では8年間プレーしていて選手会長や4番打者日本代表主将などチームの中心として主に活躍してきました。

村田選手はFA権を行使して2011年のオフに巨人に移籍しました。

 

2012年には巨人の優勝に大きく貢献したんですが2013年は怪我で離脱してしまい2014年と2015年は大不振になってしまいスランプになってしまいました。

復活を決して迎えた2016年はシーズン3割超え、25本塁打、81打点という成績を残してゴールデングラブ賞、ベストナインを獲得するなど完全復活を印象づけました。

 

しかし今年となる2017年は高橋監督は若手の育成を並行してチーム作りを進めてきました。その為に2017年現在で36歳となるベテランの村田選手はベンチスタートとなってしまいます。

 

シーズン中盤にはチーム事情によって村田選手を3塁につかせて以降は村田選手はスタメンで出場を続けてきました。

年俸はいくら?

村田選手の2017年の年俸は2億2000万と言われています。成績は118試合、打率262、14本塁打、58打点となっていますが開幕はベンチスタートで出場機会が減ってきていました。

しかし中盤以降は3塁起用が続いてからというものスタメンで出続けました。

2000本安打まであと135本となっていますので現在でも一流選手であることは年俸から見ても間違いはないと思います。

今回、巨人から戦力外通告を受けてしまった理由はチームが若返りを図っていることから村田選手は37歳となりチーム事情や年俸の高さ等から判断しての球団の決断だったように思えます。

 

おすすめ記事

保阪尚希の調理器具とは?車が凄くて若い頃や元嫁・高岡早紀との関係や現在も調査!↓
http://chikiyumi.com/22861.html

今後の移籍先は?

村田選手の年齢は2017年現在で36歳で2017年の成績も悪くはなかったことから今後も現役は続けていくことが濃厚です。となると次の移籍先がどこになるのかが気になりますよね!

具体的には立て直しを図るヤクルトやロッテなどは3塁起用が出来ることから可能性はあると思います。

 

しかしなんといっても2億2000万円とも言われている高額な年俸は獲得に二の足を踏む球団は多くなると思われます。

今回の戦力外についてはこのまま巨人にいてもチーム事情から2018年以降は出場機会が激減していくと村田選手が考えて球団に戦力外にしてもらったという話もあるほどなので年俸はダウンしても出場機会を与えてくれるならかまわないのかもしれません。

古巣の横浜ベイスターズへの復帰に関しては三塁に宮﨑敏郎選手がいますし一塁にはロペス選手がいることから戻る可能性は低いと言われています。

実は各球団の三塁手事情を見てみるとソフトバンクの松田宣浩が143試合にフル出場し阪神は鳥谷敬が138試合、楽天はウィーラーが137試合、日本ハムのレアードは136試合、DeNAは首位打者になった宮崎敏郎が119試合、西武の中村剛也が108試合、オリックスの小谷野栄一が105試合に出場していてほとんどの球団が100試合以上に出場している三塁手が在籍しているんです。

一方で三塁手の起用が少ないのが中日ドラゴンズです。

 

今季は三塁手の最多出場は堂上直倫選手の51試合となっています。三塁手の絶対的なレギュラーはいませんが候補は多いというのが現状でそこに絶対的存在である村田選手がいてくれればチームとしても有難い存在になるのではないでしょうか?

村田選手としては2017年はマギー選手が加入した煽りでスタメンを外れることもありましたがシーズン途中から三塁で先発出場を続けています。

それだけ守備も打撃も巨人としては評価していたということですから他球団もかなり現在でも評価は高いのではないでしょうか?

巨人を離れることは決まってしまいましたが、まだまだ選手としてはやれるレベルだと思いますので来季の活躍を期待したいと思います!

 - 男性アスリート