エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

堂本剛の左手薬指の指輪が示す彼女は菊池亜希子?病気について

   

ジャニーズのアイドルグループのキンキキッズの堂本剛さんと言えばその歌の上手さ、独特の風貌、独自の世界観で知られています。

 

 

他のジャニーズタレントとは一線を画す何かがあると言われていますね。子役の頃から活躍されてもいて本当に芸能界、もしくは自分自身を表現する世界というものにぴったり合っているんだと思います。

実際、ファンも男女問わず多いですからね。特に男女間で意見が分かれて議論が巻き起こったりもしていました。

 

左手薬指の指輪が示す彼女の正体は菊池亜希子か

そんな堂本剛さん。やはりジャニーズですから恋の噂はたえません。しかしジャニーズ時事務所としては恋愛はご法度として暗黙のルールで禁止されていますよね。

しかしそれでも過去には例えば

  • ともさかりえ
  • 水川あさみ
  • 高垣麗子

さんらが挙げられていますね。

中には事務所から破局させられたなどの噂もあるほどですが現在でのお付き合いはなさそうです。今噂になっているのはモデルの菊池亜希子さんです。

交際が始まったのは2011年からだと言われています。雑誌で共演したことをきっかけとしているようですね。目撃情報も多数出ています。

菊池さんも堂本剛さんと同様に独自の世界観をお持ちの方として知られています。お互いに話もあって感覚としてうまく合ったのではないでしょうか?

モデルだけでなくイラストも好きでエッセイの出版までされているのです。さらに噂を決定づけたのが堂本剛さんの左手薬指にはめられた指輪です。

これは堂々と仕事の写真でも見受けることができます。かっこいいですね。意味深な表情をしているかのようにもみえます。

 

出典:pinky-media.jp

周囲にも

感性が刺激し合える。

初めて自然体で過ごせる相手に出会えた。

 

というように話しているそうで非常に気が合うと喜んでいるようです。こうしたことからも指輪はまあお揃いのペアリングなのでしょうね。ファンの方たちも気づいている方も多そうですよね!

堂本剛さんの出身地である奈良県においても二人の目撃情報が出てきています。地元でのご両親との交流もすでに済ませているとか。

結婚の発表が世間を騒がせるのは、それほど遠い話ではないかもしれません。せっかく出会えた気の合う彼女、大切にしてほしいものですね。

身長体重は意外な数字が!病気も影響か

菊池さんの目撃情報では、あまり菊池さんの知名度が高すぎないことから一般人と言われることもありました。さらにその際には、背の高いという言葉が付け加えられることも。

そう。菊池さんは身長が非常に高いのです。なんと173cmです。そこらの男性なみですね。むしろ高いくらいかもしれません。まあモデルさんなので当然とも言えるかもしれませんが!      

 

一方で堂本剛さんはといえば166cmもしくは165cmであると言われています。そこらへんはアイドルなこともあり曖昧にされています。

菊池さんとは身長のバランスが何とも言えないですね。そういうところはあまり気にされないのかもしれません。でもたしかにこの二人は隣同士で歩いていたりしていたら周囲に気づかれそうですよね(汗)

しかし何せ独自の感性で通じるところのあるお二人です。あまり気にせずいきましょう。

ちなみに体重は51kg – 53kgだとか。

しかしながら近年は太ったとも言われています。60kgは軽くあるのではないかと。

そんな堂本剛さんが太る原因にはある病気にあるのではないか?と噂されています。

調べてみると実は堂本剛さんにはある病気があるのです!

  • パニック障害
  • 過換気症候群

の2つです。

 

サッカー・堂安律がオランダ1部へ移籍!韓国人なの?彼女やエレベーター事件とは?活躍出来るか?

サッカー・堂安律がオランダ1部へ移籍!韓国人なの?彼女やエレベーター事件とは?活躍出来るか?

 

堂本剛さんはもともと人前に出ることがそれほど得意ではなく。これらの症状は10代の頃、ドラマの撮影中から始まったと言われています。

その後も人前で話す仕事、ライブの仕事なども増え症状は悪化。治療のために薬を服用し、その副作用や病気の症状をきっかけに少し太ってしまう時期もあるのではないかという見方が濃厚です。

ストレスをためやすい体質であることと、うまく付き合っていけるといいですね。しかし心の病気だけに完治させるのも難しいのも事実としてあります。

とはいえ病気があろうと多少太ろうとファンの心はそう簡単には離れません。ある意味では堂本剛さんが病気であることを理解している人達が多いので環境的には本人としても少しは楽にできるのかもしれません。

こうした事情も抑えつつ、そのありあまる魅力を堪能するべく、これからも堂本剛さんの活動を応援していきましょう!

 - ジャニーズ