エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

織田裕二がモノマネ芸人を訴えた理由とは?CM共演の女優との関係

   

数々の作品で味のある演技をみせてきた織田裕二さんですが自身のモノマネをする芸人を訴えたとして話題になりました。いきさつはどのようなものだったのでしょうか?

プロフィール

職業  :俳優、歌手
生年月日:1967年12月13日
血液型 :A型
出身地 :神奈川県
趣味  :ゴルフ、熱帯魚、釣り
身長  :177cm

織田裕二さんは1987年の映画「湘南暴走族」で俳優としてデビューを飾りました。

1991年のドラマ「東京ラブストーリー」で大ブレイクを果たします。1997年の「踊る大捜査線」では主演を務めてこれが代表作として有名ですよね!

主題歌を歌うなどして歌手としても活躍しています。

 

出典:Twitter

モノマネ芸人を訴えた理由とは!?

さて今回は「踊る大捜査線」などなど数多くの映画・ドラマで活躍されている織田裕二さんに関してみていきましょう。

 

そんな織田裕二さんにまつわる、もめごとがありました。皆さんご存知の通りモノマネですね。もともとモノマネは本人に無許可で行われることも数多く、本人がモノマネしている人に対して抗議をするというのはそれほど多くはありません。

しかし織田裕二さんの場合は違いました。

織田裕二さんご本人の意向なのか、それとも所属事務所の意向なのかは明確には判別できませんが、何せクレームが出たことは事実です。

 

モノマネをしていたのは芸人の山本高広さんです。織田裕二さんの目薬のCMやドラマでの一幕のモノマネをしている様子は1度はみたことがあるという方が非常に多いのではないでしょうか?

「踊る大捜査線」の織田裕二さん演じる青島刑事の役のモノマネをするときの様子は衣装までばっちり合わせてきています。どことなく雰囲気は似ていますよね。

そんな山本高広さんのことを、織田裕二さんサイドは訴えたという話があります。

山本高広さんのモノマネの内容は織田裕二さんの言動をそのまま引用してきて、よりオーバーにみせたり山本高広さんがやっている様子がなんとなく面白いといったものです。

織田裕二さん本人が言ってもいない、やってもいないようなことはモノマネとしてやっていない印象があったのでそれほど目くじらを立てて反発するようなことでもないとは思います。

ただモノマネをされる側の人からしたら、自身のことが笑われていると感じたり不快感を抱いても仕方のないことのようにも思います。

モノマネされる側の人の中にはモノマネされるほど人気があるということなのだから受け入れては!?というようにおっしゃる方も多いかと思いますが、そこの感覚は人それぞれですからね。

正確には以下のような通達が山本高広さんに対して事務所からなされただけだとする話もあります。

織田裕二のイメージを尊重するよう考慮をして頂きたい。

こう言われたらもうモノマネしづらいですね。仕方ないとはいえさみしいものがあります。

 

土屋太鳳が目撃された恋の相手は山崎賢人?嫌いと言われる理由!↓

土屋太鳳が目撃された恋の相手は山崎賢人?嫌いと言われる理由!

CM共演の女優との関係は!?

さて続いては織田裕二さんが出演されていたCMに関する話題です。

オープンハウスのCM、皆さんご存知でしょうか。織田裕二さんが犬に扮して、少しずつではありますが自分が持家を持つんだという夢に近づいていくお話が展開されています。

最近のものでは新しいキャラクターが登場しました。柳生みゆさんです。

 

この柳生みゆさんも織田裕二さんと同じく犬に扮しています。話の流れは以下のようです。とある公園でのやりとり。メス犬に扮する柳生みゆさんは都内の戸建に引っ越すという予定をもっていました。

そんなメス犬に対して織田裕二さん扮するジョンが近づいていきます。それも戸建に引っ越すという情報を得てからすぐにです。そこからはまさかの展開。

柳生みゆ:家目的ですか?
織田裕二:えっ??
柳生みゆ:家目的ですね!!

 

とのやりとり。ここから口調はどんどん強くなってきます。

織田裕二:いや...
柳生みゆ:そんなに東京に家が欲しいんですか?
柳生みゆ:欲しいんですか?
織田裕二:欲しいです...

 

織田裕二さん演じるジョン完全に圧倒されています。

このように織田裕二さんと柳生みゆさんの関係はCM上ではかなり謎です(笑)撮影現場でどのような様子だったのかまでは分かりません。

柳生みゆさんは1990年生まれでこれからが期待されているモデル・女優さんです。このCMもまだまだシリーズものとして続いていくことが予想されますので楽しみにしていきましょう。

 - 俳優