エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

小保方晴子の家族や経歴は?手記「あの日」の内容について!

   

STAP細胞発見者としてその名が知られて久しい小保方晴子さんですが手記「あの日」の発売を機にどのような家庭に育ったのかを調べてみました!

やはりというべきか家族の経歴は凄いことがわかりました。

プロフィール

 

職業  :元研究者
生年月日:1983年9月25日
血液型 :不明
出身地 :千葉県
研究分野:生物学、化学、組織工学
略歴  :早稲田大学理工学部卒業,早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了 ハーバード大学医学大学院客員研究員
     理化学研究所発声・再生科学総合センター客員研究員

小保方晴子さんは細胞リプログラミング研究ユニットリーダーとしてSTAP細胞の研究をしていて2014年1月に雑誌「ネイチャー」への論文を掲載し一躍注目を浴びることになりました。

しかし博士論文を含めて論文不正や研究にも不正があったとして問題となりました。現在は公の場から姿を消しています。

 

出典:気になるエンタメデラックス

家族の職業は?

小保方晴子さんの家族の経歴を調べてみたところ華々しい経歴でかなり優秀な家系ということがわかりました!

小保方晴子さんは三姉妹の末っ子でエリート一家の中で育っていきました。

 

父親

名前:小保方一夫
職業:三菱商事株式会社入社後,韓国三菱商事株式会社理事兼機械事業本部長
現在:定年退職の可能性

財閥系総合商社のお偉いさんのようですね。

出身大学や家庭環境などは不明ですが大変出世されていることがわかります!年収は2000万円程度は平気でありそうな予感がしますね~

 

母親

名前:小保方稔子
職業:帝京平成大学健康メディカル学部臨床心理学科長
現在:休職中の可能性

なんとお母様は大学の教員をされていたようです!

騒動があって以降は実家付近でも姿が見えず、大学の講義も休講ばかりになってしまったようです。現在はどうされているのか少し心配ですね…

姉1(双子)

名前:小保方晶子
職業:白梅学園短期大学准教授
現在:不明

どうやら小保方晴子さんには双子のお姉さんがいらっしゃる可能性があります。

その方はなんと大学の教員でお母様の流れをそのまま汲んでいるのですね。

 

双子というのはどこまで本当かは明確ではありませんが、もし本当だとすれば顔は瓜二つなわけで少しやりづらいかもしれませんね!

 

姉2

◆名前:不明
◆職業:結婚後専業主婦の可能性
◆現在:不明

もう1人のお姉さんに関してはあまり明らかになっていません。結婚されて苗字が変わっているという可能性も指摘されています。家族の中では今回の騒動から最も遠い存在とも言えそうです。

 

渡辺直美が「逃げ恥」枠で主演ドラマ「カンナさーん!」決定!他のキャストや主題歌は?↓

渡辺直美が「逃げ恥」枠で主演ドラマ「カンナさーん!」決定!他のキャストや主題歌は?

 

手記「あの日」の内容は?

小保方晴子さんが2016年1月に出版した手記「あの日」の前書きには次の一文があります。

 

私は誰の期待にも応えられない自分に失望してばかりの人生を歩んできました。

 

具体的にどのような人生を歩まれてきたのかはまだはっきりと分かりません。ですがこうした言葉を手記に残す以上、家族との関係性にある程度困難があったと推測せざるをえないでしょう。

 

ここでの「期待」とは,社会的にエリート扱いをされる「両親からの期待」。そしてその期待に応え続けてきた「姉の存在」に影響されて与えられる「親戚からの期待」。

学校でも両親や姉の様子を知っている人からすれば「期待の末っ子」です。

 

こうした様々な世間の人々からの「期待」にさらされ続け、そのプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも様々なことに挑戦し乗り越えようと奮闘してきたのでしょう。

 

事実、騒動までの小保方晴子さんの経歴は実に立派なものでした。相当の努力がなければ原著論文を通し続け、成果を認められ理化学研究所に研究員として務めることなどできません。

 

家族の職業などは上述の通りですが他にも家庭とどのような関係性が培われてきていたのか、そしてそれは騒動の前後でどのように変化していたのか非常に気になるところではあります。

小保方晴子さんの実家は千葉県にあるんですが現在ではそこに人の気配はなく両親の姿も近所では見ることはできないそうですからどこかに引っ越している可能性もあることからやはりというべきか、かなり今回の騒動は家族にも影響があったようです。

肝心の小保方晴子さん自身は神戸市で一人暮らしをしているという可能性が高いということでまだしばらくは落ち着くまではこういった生活になるかもしれません。

 - スキャンダル