エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

日本ハムの斎藤佑樹が1軍に登板?過去の交際報道も!

   

プロ野球日本ハムに所属している斎藤佑樹投手1軍での登板があるかもしれないと話題になっています!

斎藤佑樹選手は2軍戦のイースタン・リーグの日本ハム対楽天戦に2017年4月26日に出場していました。

この試合に先発した斎藤佑樹選手は5回6安打7失点という大乱調を記録してしまっていたんです…初回に伊志嶺選手に満塁弾を浴びるなどいきなり7点を失って大きなニュースとなっていました。

しかし2回以降は立ち直っていて5回までは無失点に抑えていたんです。

このように斎藤佑樹選手は好不調が激しい選手として知られていてだけに成績の方もまさに典型的なものとなってしまいましたね~…

今回の斎藤佑樹選手の1軍登板への抜擢は日本ハムが10連敗を喫してしまったチーム事情と関係があるんだと思います。

栗山監督は

「こういう(勝てない)状態だからいろいろ考える」

と1軍登板の可能性を示唆しているからです!

早ければ2017年の5月2日からのロッテ3連戦中にも先発のチャンスがありそうですよ!?

プロフィール

名前:斎藤佑樹(さいとうゆうき)

愛称:佑ちゃん、ハンカチ王子
出身地:群馬県太田市
生年月日:1988年6月6日
身長:176cm

体重:76kg

出身高校:早稲田実業学校高等部

最終学歴:早稲田大学教育学部社会科社会科学専修
所属球団:北海道日本ハムファイターズ

斎藤佑樹選手は現在は北海道日本ハムファイターズに所属していてポジション投手です。

早稲田実業高等学校時代の2006年には甲子園の決勝で現在メジャーリーガーの田中将大投手が所属する駒大苫小牧高校との熱戦が有名となりましたよね!

当時はハンカチで汗をふく姿から「ハンカチ王子」という愛称も生まれました。

その後は高校卒業後はすぐにはプロ入りはせずに早稲田実業大学への進学を決意しプロ入りは卒業後の2011年となりました。2012年には開幕投手を任されるほど選手として期待されていましたが以降は不調や怪我に悩まされることが多く2軍戦での登板が多くなっています。

 

出典:http://bb-news.net

日本ハムが10連敗!

日本ハムが2017年の4月26日で2005年以来12年ぶりとなる10連敗を喫してしまいました!

2016年にリーグ優勝を果たしているとはにわかには信じられない事態となっています。日本一チームの2桁連敗は三原脩監督が率いた1961年の大洋(現DeNA)以来となる史上2度目の珍事となってしまいました。

これで首位楽天とは12・5ゲーム差になってしまいリーグ優勝は絶望的になっています。

 

栗山監督の就任以降の借金14は最下位に沈んだ2013年以来の4年ぶりとなっています。球団ワーストは1984年の14連敗という記録がありますがこれはなんとしても避けなければなりません。

2桁連敗を喫したチームが2年連続リーグ優勝を果たした例はないので優勝は難しいといわざるをえませんね…

 

ここまで9人の先発投手が22試合を投げていて6回以上を自責点3以内に収めるのはわずか6回となっていて先発陣が序盤にKOされているシーンが目立っています。

そこで白羽の矢が立ったのが斎藤佑樹選手だったわけです。

栗山監督としてもなんとかして今の流れを変えていきたいという思いがあるのかもしれません。

 

中村紀洋が浜松開誠館高校の野球部コーチに就任!現在は?↓

中村紀洋が浜松開誠館高校の野球部コーチに就任!現在は?

過去の交際報道!

斎藤佑樹選手は浮き沈みの激しい選手として知られていますがこれまでにプライベートも度々バッシングを受けてきているんです。

過去には早稲田大学在学中に焼肉屋さんでの女優の深田恭子さんとの個室デートを報じられています。

斎藤佑樹選手は高校卒業後はすぐにはプロ入りはせずに大学へと入学したんですがその大学生活では交際関係も派手になっていったようなんです。

合コンでは女優の北川景子さんとも知り合っていたんだといいます!

2011年には元キャバクラ嬢という交際相手によって週刊誌に斎藤佑樹選手のベッド画像が流出させられてしまったこともありました。

女性にはめられてしまったとも捉えられていましたが派手な交際関係には驚いた方も多かったと思います。

 

さらに2012年にはタレントの小林麻耶さんとの熱愛報道が報道されました!2012年頃は一般女性と付き合っていたとも発言しています。

 

その後は2016年5月にテレビ朝日の宇賀なつみアナとの合コン報道がありました。

 

そして最近では2017年3月に東京の恵比寿のデパート地下で美女と買い物をする姿がフライデーされています。

このようにプライベートで大きな話題となっていますが今後は選手として注目をしていって欲しいと思います!

 - 男性アスリート