エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

中村紀洋が浜松開誠館高校の野球部コーチに就任!現在は?

   

元プロ野球選手で近鉄、中日、楽天などでプレーしてきた中村紀洋さんが静岡県の浜松開誠館高校の野球部コーチに就任することがわかりました!

メジャーリーグを経験している選手が高校野球を指導するのは異例となっていて既に学生野球資格を回復していて高校での指導は可能とのことです。

中村紀洋さんは特にホームランバッターの育成に意欲を示しているといいます!

 

中村紀洋さんは2001年に近鉄のリーグ優勝に貢献していて2005年にはアメリカのメジャーリーグに挑戦。2013年には通算2000安打も達成している偉大なバッターです。

日米通算プロ生活の23年間では2106安打、404本塁打という成績を収めています。

 

中村紀洋さんは2014年にDeNAを退団してい以降は正式な現役引退表明はしていない状態だったので去就が注目されていたんですが選手としては引退して指導者としての道を歩むことを決めたようですね。

 

浜松開誠館高はの野球部は共学化に伴って創部されていて2002年に野球場が完成しているとあってまだ歴史が浅いんです。しかし2003年秋季大会では春秋通じて初の県大会進出を決めています。

2013年には1978年にセンバツで浜松商を優勝に導いていて2004年春に常葉学園菊川監督として甲子園出場を果たした磯部修三前監督を招へいしています。

しかし磯部監督はやめていて2017年の年3月からは元中日選手の佐野心さんが監督に就任していました。

浜松開誠館高校は甲子園は春夏ともにまだ出場したことはなくこれまでの最高成績は2016年の夏の県大会4回戦進出となっています。

 

中村紀洋さんは今後は月1、2回のペースで指導する予定なんだそうです。

プロフィール

中村 紀洋 (なかむら のりひろ)

生年月日:1973年7月24日
出身地:大阪府大阪市東淀川区
身長:180cm

中村紀洋さんは渋谷高校から1991年にドラフト4位で近鉄に入団してプロ野球選手となりました。2005年にはアメリカ大リーグのドジャースに移籍

2005年オフにオリックス入りし日本へと帰国します。2007年には中日へと入団し日本シリーズで活躍し見事にMVPを獲得されました。

そして2008年オフに楽天へFA移籍することとなります。その後は2011年の5月から横浜DeNAへと入団しましたが2014年限りで退団となっています。

プロ野球線としての成績は本塁打王1度、打点王2度に輝いていてバッターとして大きな成功を収めています。

 

出典:http://www.asahi.com

現在はなにをしているの?

中村紀洋さんは現在は兵庫県の西宮市でスポーツスタジオ【N’s method】(エヌズ メソッド)を運営しています。

ここでは主に野球指導がメインで小学生から中村紀洋さんから指導を受けることが出来ます。

料金はプロ野球を目指す育成コースで
・入会金 20000円
・年会費 10000円
・月会費 40000円

となっていてかなりの高額ですね!

選手としては実質的に引退という状態になっていましたがそのような状況でも野球に携わっていたんですね!

浜松開誠館高校の野球部コーチに就任!

浜松開誠館高校野球部は1998年女子校から共学になったことから野球部が出来たんです。

今回中村紀洋さんにコーチを任せたことで甲子園出場を本格的に目指していることがわかります。

監督は2017年の3月から元中日ドラゴンズの佐野心さんが監督に就任していることからもそれは明らかです。今回の中村紀洋さんのコーチ就任は元同僚の佐野心との縁で声がかかったようです。

中村紀洋さんをコーチに選んだ理由は同僚ということで中村紀洋さんの性格や考え方等知っていたというのはもちろんですが中村紀洋さんが現在でも子供を指導していたということも大きいのではないでしょうか?

 

 

巨人の高木京介が3軍戦で復帰!年俸や結婚した嫁は誰?↓

巨人の高木京介が3軍戦で復帰!年俸や結婚した嫁は誰?

中村紀洋さんが教えているスクールでは技術はもちろんですがメンタル的なことも指導しているとのことですので子供たちの教育面での貢献も期待されているんだと思います。

特に中村紀洋さんは年俸やチームの移籍等多かったので浮き沈みの激しい選手ということもあって子供達も現実味があって言っていることにリアル感があり耳を傾けていくのではないでしょうか?

ある意味でプロ野球界の現実を最もしっている選手といえるのかもしれません。これは子供達にとっても聞くだけでもかなりの経験となりますので今回の浜松開誠館高校野球部のコーチ就任は期待したいですね!

 - 男性アスリート