エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

シャラポワが復帰戦で勝利!今後の試合出場の日程はいつ?

   

テニス女子選手のロシアのマリア・シャラポワ選手が2017年4月26日に行われたポルシェ・グランプリのシングルス1回戦に復帰し見事勝利を収めました。

シャラポワ選手といえばドーピングが発覚し出場停止処分になっていたことで有名ですよね。シャラポワ選手は医療目的で長年、メルドニウムを使用していたと明かしていました。

 

メルドニウムとは競技力向上効果があると言われていて不整脈や心疾患の治療に使われています。シャラポワ選手は2006年から服用していました!

実はメルドニウムはシャラポワ選手が拠点としているアメリカでは承認されていないんです。それだけにドーピングと知っていて使っていたのではないか?という疑問が生まれてしまったのですが…

 

今回の復帰戦は主催者推薦を得ての復帰となりました。対戦相手はイタリアのビンチ選手でシャラポワ選手の復帰に関しては批判をしていて「シャラポワ2世」と呼ばれたことのあるカナダのブシャール選手も批判をしていました。やはり多くの選手にとっては疑いが現在でも晴れていない中でのシャラポワ選手の出場は納得がいっていない様子がわかりますね~

プロフィール

マリア・シャラポワ選手

・生年月日:1987年4月19日(30歳)
・国籍:ロシア
・出身国:ロシア
・居住国:アメリカ
・利き腕:右利き(バックハンド両打ち)
・身長:188cm
・プロ転向日:2001年

シャラポワ選手はテニス選手としての実力はどうなんでしょうか?これまでグランドスラム大会は全豪オープンに2008年に優勝。全仏オープンには2012年と2014年に優勝。ウィンブルドンには2004年に優勝。そしてUSオープンには2006年に優勝とシャラポワ選手は2012年に生涯グランドスラムを達成しました。

生涯グランドスラムとは、全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンの4大会全てにおいて優勝をするということなんですが女子テニスでは生涯グランドスラム達成者はシャラポワ選手を含めてわずか10選手しかいないので凄いことなんだと思います。

このようにシャラポワ選手といえばメディアを騒がせているという印象を受けますがテニスプレイヤーとしても一流なのがわかりますよね!

そして世界ランキング1位に輝いたこともありますので世界のトップ選手の一人としての位置づけなのは間違いありません。

そんなシャラポワ選手はドーピング違反で出場停止の処分を受けいている間はチャリティーマッチに参加するなどしていました。そもそもシャラポワ選手の処分とは薬物使用で15ヶ月の活動停止処分となっていたんです。

 

今回の試合出場は1年以上のブランクの中での出場でしたが見事勝利を飾っていますのでまだまだテニスプレイヤーとしての実力は衰えていませんね!

出典:http://www.flickr.com

今後の試合出場は?

ドイツのシュツットガルトで行われている女子テニスのポルシェ・グランプリ1回戦で世界36位のロベルタ・ヴィンチに勝利し見事復帰戦を勝利で飾ることが出来ました。

今回の試合は2016年の1月の全豪オープン以来の実戦での白星となりました。

シャラポワ選手は処分が解けたことによって主催者推薦での出場となりました。この扱いに対しては他の選手から多くの批判が巻き起こっています。

その多くの主張がシャラポワ選手は処分を受けての復帰は好意的に受け取れているんですが主催者からの推薦での出場は違反を受けたことからすべきではないという主張です。確かにスポーツマンシップの精神にのっとって言えば推薦での出場は問題はあるかもしれません。かといって違反では決して無いんですよね…

 

貴乃花親方の長男の花田優一が靴職人でイタリアへ!結婚報道でA子は?↓

貴乃花親方の長男の花田優一が靴職人でイタリアへ!結婚報道でA子は?

 

シャラポワ選手本人は今回の批判は動じずにいてこれからも復帰してい戦っていくという強い意志を示しています。

今後は2回戦では世界8位のアグニエシュカ・ラドワンスカを1回戦で破っている43位のエカテリーナ・マカロワとの対戦が決まっています。

 

 

また今後については2017年の全仏オープンテニスやウィンブルドン選手権の出場のためならジュニアにも出場すると明かしています。

シャラポワ選手は2016年に行われた全豪オープンテニスの薬物検査で禁止薬物のメルドニウムに陽性反応が出てしまい失格処分をくだされています。

 

しかしマドリード・オープンとイタリア国際のワイルドカードが与えられていて全仏オープンに主催者推薦で出場できるかは5月16日に判明するとのことです。

 - 女性アスリート