エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

河野公平の嫁の名前や義父は有名人!性格は質素?

   

亀田興毅選手を判定で下してWBA世界スーパーフライ級王座の2度目の防衛に成功された河野公平選手。

しかしその後に行われた防衛線に敗れて自らの進退をかけて行われた井上尚弥選手との世界タイトルマッチを戦いましたがKO負けをしてしまいました。

河野公平選手は2017年現在で36歳というボクサーとしては高齢な選手になることから引退も注目されていますが現在ではまだ発表はされていません。

身長やリーチに出身地といったプロフィールも再確認してみたいと思います。

またこれまでの戦績も振り返ってみます。

河野公平選手は3月に結婚されたばかりの新婚ですが、お嫁さんのお父さんは有名人だそうです。

そのお父さんやお嫁さんの名前などもご紹介します。

当時2015年10月16日(金)にアメリカ合衆国のシカゴにあるUICパビリオンで行われたWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチが行われました。

チャンピオンは河野公平選手で、挑戦者は同級2位の亀田興毅選手でした。

本来であれば日本人同士の対決なので、日本での開催になるはずですが、挑戦者の亀田興毅選手が過去のいきさつから日本でのボクサーライセンスが失効中といった事情もあってアメリカでの対戦が決まったようです。

対戦前はいつものように亀田興毅選手がチャンピオンに対して挑発的な態度を取り、余裕たっぷりでした。

しかし試合結果は3-0の判定で、現チャンピオンの河野公平選手が勝利を収め、2度目のWBA世界スーパーフライ級の王座を防衛されました。

一方の敗れた亀田興毅選手は、この試合を最後にプロボクシング選手を引退することになりましたね~

プロフィール

【河野 公平(こうの こうへい)】

出身地:山梨県中巨摩郡

生年月日:1980年11月23日

年齢:36歳

身長:166.5cm

リーチ:170cm

学歴:東亜学園高等学校卒

ボクサースタイル:右ファイター

戦績:40戦31勝(13KO)8敗1分

タイトル:第32代日本スーパーフライ級王者

     第28代・第30代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者

     第22代・第24代WBA世界スーパーフライ級王者

ニックネーム:和製パッキャオ

所属事務所:ワタナベボクシングジム

出典:wadainotansu.com

 

嫁の名前は?義父は有名人だった!

河野公平選手は2015年の3月に結婚されたばかりの新婚さんです。

防衛戦勝利は、お嫁さんへの最高のプレゼントになったのではないでしょうか。

そのお嫁さんのお名前は芽衣さんといいます。

正確な誕生日は不明ですが、芽衣さんは現在37歳らしいので、来月河野選手が誕生日を迎えると同い年になります。

実はお嫁さんの芽衣さんのお父さんは有名人です。

河野選手にとって義父にあたる芽衣さんのお父さんとはシンガーソングライターのみなみらんぼうさんです。

みなみらんぼうさんは150万枚のミリオンヒットを記録した「山口さんちのツトム君」で有名な歌手です。

芽衣さんは、みなみらんぼうさんの長女です。

せっかくなので、河野公平選手のお父さんもご紹介しておきます。

河野選手のお父さんは元ボクサーとか、ボクシング関係のお仕事をされていた方ではありません。

むしろ河野選手がボクシングを始めることを反対されていたようです。

お父さんのお名前は河野豊蔵さんとおっしゃいます。

お父さんのお仕事はカイロプラクティック院の院長さんです。

主に柔道整復師をされていて、鍼灸師の資格も持っていらっしゃいます。

当初は息子(河野選手)のボクシングに否定的だったお父さんが、デビュー戦で負けて帰ってきた河野選手の、その後の必死なトレーニング姿を見て応援してくださるようになったそうです。

何事も真剣に取り組めば道が開けるということですね!

 

 

長州未来の国籍は日本人とアメリカ人どっち?フルネームも!↓

長州未来の国籍は日本人とアメリカ人どっち?フルネームも!

 

性格は質素?

河野公平選手はボクサーですが、普段の性格は非常に温厚で紳士なんだそうです。どちらかと言えば対戦した亀田興毅選手とは対極の正反対の性格とも言えます。

また亀田興毅選手は見るからにド派手ですが、河野公平選手は生活も非常に質素なんだそうですよ。

河野選手のお父さんは先程もご紹介したようにボクシング関係のお仕事ではありません。

ですから当然自宅の環境はボクシングの練習ができるような設備はありませんでした。

そこでお父さんが、河野選手のために自宅のリビングルームをボクシングの練習場に改修してくださったんだそうです。

最初は反対していても、一旦認めたら心から応援してくださるお父さんが素晴らしいですね!

河野選手はまだ日本タイトルすら獲得していない、ノンタイトルボーイだったからかもしれませんが、所属事務所の渡辺会長も感心するほどの質素な暮らしぶりで、外食などは一切しない選手だったようです。

お酒も一切口にせず、月の生活費を2~3万円に抑えてボクシングに打ち込んでいたそうです。

お父さんがカイロプラクティックセンターの院長さんということを考えれば、決して自宅がお金に困窮されているようには思えないので河野選手ご自身が元々質素で節約家の性格だったのでしょうね。

 - 男性アーティスト