エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

杉内俊哉の年棒や減額はいくら?悲惨な税金に嫁とは離婚の噂も

   

読売ジャイアンツの杉内俊哉投手が、自ら球団に来季の年俸を大幅に減額するように進言したということで大きな話題になっていますね。

史上最大の年俸減額の様のようですが、そうなると税金はかなり悲惨な状況になるのでは?

 

杉内俊哉投手は一時期嫁との離婚も囁かれたことが有りました、来年の税金額が新たな火種になって再び離婚話に発展しなければいいのですが…

年棒や減額はいくら?

2011年シーズンオフにFA権を行使して福岡ソフトバンクホークスから読売ジャイアンツに移籍を果たされた杉内俊哉投手。

その時にジャイアンツから獲得した条件が、なんと4年契約で推定年俸20億円というまるでメジャーのような金額でした。

日本のプロ野球界も年俸がドンドン高騰してきているんですね

単純に2012年から4年間の契約で20億円ということは、今シーズンまで毎年推定5億円ずつの年俸だったわけですが、それが2016年には史上最高の減俸で、一気に推定5,000万円まで減ってしまうということで話題になっていますね。

39勝で20億円ということは、杉内投手の1勝につき5,000万円以上の年俸が支払われているわけですから、来シーズンは取り敢えず1勝してくれればジャイアンツは元が取れるんでしょうか?

でも年々勝ち星は減少しても、負け数はきっちり6敗までに揃えているところがある意味すごいですよね(笑)

 

ところでプロ野球には年俸の減額制限協定があって、1億円を超える場合の減額上限は40%だったと思います。

しかし今回は球団提示というより、杉内投手自身が申し出ているわけですから協定違反でもなければ、調停にも発展しませんね。

もっとも杉内俊哉投手が大幅減俸を申し出なくても、ジャイアンツは40%以上の年俸減額を提示していたはずですが…

 

ただ心配なのは杉内俊哉投手の来年の税金なんです。

所得税は前年の収入に対して課税されるので、あまりに高額な年俸をもらっているプロスポーツ選手は、引退した翌年に税金貧乏に陥る人がよくいますよね。

しかも杉内投手は間の悪いことに、今年度から高額所得者の所得税率が見直され、これまで年収が1,800万円を超えると40%でしたが、新税率は4,000万円以上の高額所得者には45%を税金で頂いちゃいましょうという様に改定されています。

ということは、昨年までよりも5%多くの所得税を納めることになりますが、それ以外にも住民税と消費税という怖~い取り立ても待っています(汗)

 

ちなみに今シーズン推定5億円の所得のあった杉内俊哉投手に課せられる2016年の税金は、所得税が2億2,000万円、住民税がおよそ5,000万円、消費税がだいたい3,700万円で、トータル3億700万円程を税金で持っていかれるようです(涙)

来シーズンは住民税分の5,000万円の年俸なので、大変な大赤字になりそうですよ。

出典:ウィキペディア

悲惨な税金に嫁とは離婚?

杉内俊哉投手は過去に嫁との離婚危機が囁かれた時期があったことをご存じですか?

杉内俊哉投手は2003年12月18日に入籍し結婚されています。

まだ杉内投手が福岡ソフトバンクホークスに在籍した時ですね。

お嫁さんの名前はえりかさん

旧姓は上葉さんといってソフトバンクの地元福岡の民放テレビ局にお勤めだったテレビ番組レポーターの女性です。

お二人の馴れ初めは、2002年に上葉えりかさんが当時まだ2軍選手だった杉内投手を雁の巣球場に取材に行ったところ、杉内投手の方がえりかさんに一目惚れしてアタックしたようです。

そして「来年(2003年)2ケタ勝利を挙げたら結婚しよう」とプロポーズしたようです。

そしてこの後がドラマチックなんですが、えりかさんの誕生日は9月23日で、なんと杉内投手はこの日に10勝目を上げて、めでたくシーズンオフに結婚されています。

 

 

柳田悠岐の年棒はいくら?結婚していた相手は歯科助手の噂↓

柳田悠岐の年棒はいくら?結婚していた相手は歯科助手の噂

 

しかし1軍昇格1年目で2ケタ勝利を挙げられたのも、現在の杉内投手があるのも、原点はこのお嫁さんの存在が大きかったんですね。

ところが杉内投手は2013年のWBC宮崎合宿中に、色白の美人との密会がフライデーされちゃう騒ぎが有り、罰金制裁が課せられています。

しかもその女性とは、その時一度の密会ではなく、ソフトバンク在籍時代から続いていた仲ということで、お嫁さんのえりかさんも相当ショックだったはずです(涙)

一時は離婚か!というような噂も囁かれていましたが、よく出来たお嫁さんで、小学生の子供もいるので離婚危機は免れていたようです。

しかしそれも年俸5億円も稼ぎだしてくれる夫だからこそ我慢できたとも言えるかもしれません。

それが来年は途方も無く悲惨な高額納税で、マイナス2億5,700円の赤字ともなれば、一昨年の出来事が脳裏をよぎり、再び「離婚」という2文字が再燃しないといいのですが・・・

ただ、杉内俊哉投手は本当に愛妻家で、自身のグローブにも嫁と子供の名前が刺繍してあるほどです。

不倫は嫁への裏切りですが、減俸はプロのスポーツ選手であれば当然起こりうることです。

しっかり者のお嫁さんなので、こんなことも想定してちゃんと預金されているでしょうから、来シーズンも杉内投手は愛すべき嫁や子供のために頑張ってくれることでしょう。

 - 男性アスリート