エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

ジャングルポケット斉藤慎二の学歴や経歴は?年収について!

   

吉本興業所属のお笑いトリオ・ジャングルポケットの斉藤慎二さん。

芸人としてだけでなくマルチに活躍しておりNHKの教育番組『できた できた できた』のガッツ王子というとピンとくる方も多いのでは?

今回はジャングルポケット・斉藤慎二さんの学歴や年収、性格、そして結婚についても調べてみました!

プロフィール

名前:斉藤慎二(さいとう しんじ)
生年月日:1982年10月26日
出身地:千葉県 八千代市
血液型:O型
身長/体重:176㎝/73㎏
趣味:競馬、競馬場巡り、ものまね、歌
所属グループ:ジャングルポケット
担当:ボケ(ネタによってはツッコミ)
活動期間:2007年~
事務所:吉本興業

学歴や経歴は?

斉藤さんの生い立ちを調べてみると中学時代はクラス全員からイジメにあっていた・・という時期があったようです。

その頃、斉藤さんは勉強に没頭したそうで、1日10時間勉強していたのだとか!

その甲斐あって成績はオール5!高校も推薦で八千代松陰高校へ進んでいます。八千代松陰高校は、なんと偏差値67!もちろん学年でもトップクラスにいないと入れないですね・・。

大学に進学するとしても、筑波・慶應・早稲田・上智などを目指せるレベルです。

・・芸人さんで高学歴の人って多いですよね。

高校時代の斉藤さんは、部活仲間で『嵐』を踊ることになり、「顔が面白いから」という理由で松本潤さん役でステージへ・・斉藤さんがステージに立つと、大爆笑が起こったそうです!

その時の経験から、斉藤さんは俳優になりたいと思うようになったのだとか。その思いは本気だったようで桐朋学園芸術短期大学の芸術科へ進学し演劇を専攻しています。

大学卒業後も文学座附属演劇研究所に入り、本格的に演技の道に進んでいるんですよね。

文学座といえば、あの長谷川博己さんも文学座出身の俳優さんです。

文学座は、研究生→研修生→準座員→正座員というふうに昇格していくのですが斉藤さんは残念ながら研究生から上には上がれなかったようです。(ちなみに、長谷川さんは正座員まで昇格されています)

文学座はすごく厳しい世界なんですね・・。

その後劇団に所属し、アルバイト生活で食いつないでいましたが、それも長くは続かず、俳優をあきらめて地元へ戻りサラリーマンとして働き始めました。

営業マンとしての成績も良かった斉藤さんでしたが、役者への未練はあったそうです。

ある日、会社の女性上司が斉藤さんに

「役者になりたいんでしょ?でもあなた面白いから吉本に行きなさい。芸人から俳優になる人もたくさんいるでしょう?」

とまるで斉藤さんの心を見抜いていたかのような上司の言葉・・。

この女性上司は、元芸能プロダクションの社長だったのだとか。

斉藤さんはこの言葉に後押しされ、その日のうちにNSCに願書を出し、その翌日には退職願いを出したそうです。

なんだかドラマのワンシーンのような話ですし、元芸能プロダクションの社長だった人が上司だなんて、すごい偶然ですよね・・。

そして、東京NSC12期生としてお笑い芸人を目指した斉藤さんは、同じ12期生の武山(おたけ)さんと太田さんとトリオを結成し、現在に至っています。

出典:ぱんだこ

年収はどのくらい?

斉藤さんの年収を調べてみると、意外に!?高給取りだと言われていました。

ジャングルポケットの活動よりも、個性派キャラで個人でのテレビ出演が目立つ斉藤さん。

2013年に芸人仲間から「月収60万円もらっている」と暴露され、本人も認めているそうです。さらには「最高月収160万円」といいますから年収800万円~1000万円の間だということがわかります。

現在は当時よりも活躍されていますから年収はもっとあるか同じくらいはあると考えてよさそうですね!

これを「安い」ととらえるか「高い」ととらえるか・・。

売れない芸人さんのイメージだと、けっこうもらってる!と言えますし、売れっ子の芸人さんだと月収で1000万円以上という方もいらっしゃるのでどのラインと比べるかによりますね。

 

森カンナに熱愛の噂?出身高校や性格についても!↓

森カンナに熱愛の噂?出身高校や性格についても!

 

演技力や性格は?

斉藤さんは、NHK教育テレビの番組『できた できた できた』で小学1年生の「ガッツ王子」を演じていて、子供、そしてママさん世代からも愛されています。

もともと俳優志望で、短大の演劇科、文学座研究所、そしてコントで培ってきただけに演技力はありますよね。

2014年には、念願だったドラマ初出演をストーカー役で果たしました。

斉藤さんを起用したプロデューサーは

「濃いルックスと抜群の存在感で、短い時間でストーカーの気味悪さを見事に演じています。演技の上手さも予想以上でした」

とコメントしています。

今後も俳優としてのお仕事も増えていくんじゃないでしょうか。

 - お笑い