エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

杉野希妃は美人女優で映画監督!熱愛彼氏の噂は?

   

女優の杉野希妃さん。2006年に映画デビューして以来、女優としてだけでなく、映画監督としてもプロデューサーとしても世界的に活躍しています。

透明感のある美しさが印象的で「アジアンビューティー」という言葉がピッタリな杉野さん。

映画界を中心に活躍されているため、まだ彼女のことを知らないという方もいらっしゃると思いますが、ここ近年はテレビドラマやCMにも出演するようになりました。

今回は、杉野希気妃さんについて、色々と調べてみました!

プロフィール

名前:杉野 希妃(すぎのきき)
生年月日:1984年3月12日
出生地:広島県広島市
身長:162cm
血液型:A型
尊敬する女優:イザベル・ユペール、若尾文子
好きな監督:増村保造
職業:女優、映画プロデューサー、映画監督
ジャンル:映画
活動期間 :2005年 –

杉野希妃(すぎのきき)という名前は本名で、国籍も広島県広島市南区出身の日本人でしたが、一部の情報によると、父親が在日韓国人で母親が韓国人の血統は100%韓国人というのもありましたが本当かどうかはわかりませんでした。

杉野さんはノートルダム清心高等学校を卒業し、慶應義塾大学経済学部に進学、大学3年修了時にソウルに留学しています。

杉野さんのデビューが、韓国映画だったことから、韓国人なのかハーフなのか、国籍を調べるファンが多いようですね。

 

美人女優で映画監督!

杉野さんの経歴を調べたところ、2006年の韓国映画『まぶしい一日』の”宝島編”で主演デビューし、続けてキム・ギドク監督の映画『絶対の愛』にも出演しています。

2008年に帰国し、篠原哲夫監督の映画『クリアネス』で日本でも映画女優としてデビュー。

2010年には、自身が主演を務め、プロデュースした映画『歓待』が、第23回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門作品賞などを受賞。

なんと、100以上の映画祭からオファーが相次いだそうです。

2011年には、第24回東京国際映画祭アジアの風部門にて「女優=プロデューサー杉野希妃 アジア・インディーズのミューズ」として第33回ヨコハマ映画祭の最優秀新人賞、おおさかシネマフェスティバル2012の新人女優賞を受賞しており、2012年の映画『おだやかな日常』(内田伸輝監督)では、クリエイターとしても数々の賞を受賞しています。

 

杉野さんは2013年の北京映画祭で、”Filmmaker in Focus: Kiki Sugino”という特集上映が組まれるほど、世界的に大活躍しています。

これだけでなく、2014年のロッテルダム国際映画祭では日本初の審査員に選ばれており同年に公開された深田晃司監督の『ほとりの朔子』は、第35回ナント三大陸映画祭でグランプリ「金の気球賞」と「若い審査員賞」をダブル受賞。

その他の主演兼プロデュース作品は

『マジック&ロス』(リム・カーワイ監督)、
『避けられる事』(エドモンド・ヨウ監督)、
『大阪のうさぎたち』(イム・テヒョン監督)、
『審査員』(イム・テヒョン監督)、
『禁忌』(和島香太郎監督)、
『3泊4日、5時の鐘』(三澤拓哉監督)、
初監督作『マンガ肉と僕』、
監督第2作『欲動』

等があります。

なんと、EU公認のプロデューサーネットワークEAVEのプロデューサーでもあるそうですよ。

もともと「受け身で待つだけの役者にはなりたくない」という想いからプロデュースを手掛けるようになったのだとか。

映画が大好きで「海外でも通用する作品を作りたい」という考えが彼女のエネルギー源となっているそうです。

杉野さんは女優という枠を超えて、映画監督・プロデューサーとしても映画の世界で活躍しているすごい才能の持ち主なのですね!

出典:COOL

熱愛彼氏の噂は?

これだけ、世界的に活躍している杉野さんは、どんな方とお付き合いしているのか気になります!

熱愛の噂や彼氏の噂を調べてみたところまだ彼氏の噂はありませんでした。

今は、仕事が楽しいのかもしれませんが、彼女のような多才でエネルギッシュな女優さんが、どんな人とお付き合いするか楽しみですね。

しかし2017年現在で年齢はもう32歳になりますのでいつ結婚してもおかしくはないと思うのですが交際するということになっても結婚を意識しての付き合いになっていきそうですね!

そして、これから杉野さんが手がける作品や演技にも注目していきたいと思います!

 - 女優