エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

厚切りジェイソンの芸名の由来は?絶叫ネタは卒業で今後の目標

      2017/01/08

お笑い芸人厚切りジェイソンさんが2016年12月14日に『ジェイソン式英語トレーニング 覚えない英英単語400』を発売しました!

この本の発売を記念して東京代々木ゼミナール本部校で特別授業を開催。その開始前に報道陣による囲み取材で厚切りジェイソンさんの代名詞である「Why Japanese people!?」と叫ぶネタについて

「叫ぶことはもういいかな。叫ばなくても内容が面白ければ、叫ばなくてもいい。叫ぶことが間違ったと思ってはいないが、今はもうやる必要ない」

となんと叫びネタから卒業することを明かしているんです!

どうやら今後はお笑い芸人よりもタレントやコメンテーターとして活動したいという気持ちが大きいんじゃないでしょうか!?

今後はバラエティから報道やニュース番組へと舞台を移していくことになるのか注目ですね!

プロフィール

本名:ジェイソン・ダニエルソン
生年月日:1986年4月9日
出身地:アメリカ
身長:186cm
所属:ワタナベエンターテインメント

厚切りジェイソンさんは2014年9月にお笑い芸人としてデビューしました。

なんと厚切りジェイソンさんは、IT関連企業の役員という素晴らしい肩書きも持っている異色の芸人さんなんです。

どうして会社の役員さんでアメリカ人の彼が芸人をやっているのでしょうか?

厚切りジェイソンさんがお笑い芸人になったきっかけは2005年に英語の音声認識ソフトの開発をしに日本に来日してきたことでした。

その時に出会ったのが、お笑い番組「エンタの神様」

当時は日本語が全然分からなかったみたいですが、直感的に「これは面白い!」と感じたとのこと。

お笑い番組は日本語の勉強にもなるらしく、厚切りジェイソンさんの日本語の教科書はお笑い番組と言っても過言ではないそうですよ!?

ただ、オチを意識した文章を教科書にしている為、普段のコミュニケーションで使う日本語は少しヘンテコな感じになっちゃったみたいです(汗)

1年間の日本滞在を終えアメリカに帰国してから、厚切りジェイソンさんは思いました。

「日本にまた来たい、そしてお笑い芸人になりたい」

と思ったんだそうです!

けど、お笑い芸人というと日本に長期滞在する為のビザがなかなかおりません。どうしたものかと考えていたところに、とあるIT関連企業が日本に進出するという噂が。

ジェイソンさんは、そのIT関連企業への参加を決意し、再び日本にくることになったようです。お笑い芸人をする為にIT関連企業に勤める事にしたというのが驚きですよね(笑)

夢を叶えるためには行動する事が大事だということでしょう。

芸名の由来は?

厚切りジェイソンってインパクトのある芸名ですよね。

ジェイソンは本名から取ったとして、どうして「厚切り」なのでしょうか?

その気になる芸名の由来は厚切りジェイソンさんが神奈川県の厚木市に住んでいるということとその厚い胸板からきているみたいです(汗)

このように名前についてはたいして意味はなくインパクト重視で考えたのかもしれませんね~

目指すはお笑いの頂点!?

外国人で初めての決勝進出を決めた厚切りジェイソンさん。やっぱり目指すはお笑いの頂点でしょう!

と思いきや実は意外な目標があったようです。

「あつぎり」とインターネットで検索入力して、もし一番上に「ジェイソン」がくるようになるようになりたいんだとか…

確かにそうなればそれだけ有名になるということですから目指す価値はあると思います。

ジェイソンさんが厚切り界の頂点に立つ日はくるのでしょうか!?

そんな厚切りジェイソンさん。厚切り界の頂点を目指しつつも、やっぱり狙うはお笑いの頂点のようですね。

しかしそんな厚切りジェイソンさんは最近ではお笑いのバラエティ番組よりもどちらかというとニュース番組や報道番組で見る機会が多くなっている気がします。

それは頭がよく日本語が堪能ということとなんといってもアメリカ新大統領になって今はアメリカへの報道が多くなっていますからそのアメリカ人である厚切りジェイソンさんに注目が集まっているんでしょう。

出典:withnews(ウィズニュース)

漢字ネタが面白い!

厚切り界とお笑い界の頂点をめざす厚切りジェイソンさん。

気になるのはやっぱりネタですよね。彼のネタは外国人ならではの素朴な疑問。

 

えとう窓口の結婚相手の嫁は誰?ビフォーアフターに出演!↓

えとう窓口の結婚相手の嫁は誰?ビフォーアフターに出演!

 

日本の漢字の矛盾に対して、アメリカ人特有の超ハイテンションでツッコんでいくというもの。

「ホワイ!?ジャパニーズ ピーポー!!!おかしいダロウ!」

超ハイテンションでのツッコミ。面白いですよね(笑)

日本人である私たちは普段何気に使っている漢字ですが、改めて言われると「あーなるほど!」と納得しちゃいますね。

 - お笑い