エンタメトレンドまとめサイト

日々のエンタメ情報を発信しまーす

*

SilentSirenサイレントサイレンのメンバーは誰?バンド名の由来

   

今、若い人たちに人気のガールズバンドSilent Siren(サイレントサイレン)

実は、彼女たち普通のバンドとは、ちがってメンバー全員にある共通点があるバンドなんです。そんな、今注目のガールズバンド、サイレントサイレンについて書いていきたいと思います!

メンバーは誰?

サイレントサイレンは、ボーカル・ギターの吉田菫(すみれ)さん、ドラム梅村妃奈子さん、ベースの山内あいなさん、シンセサイザー・キーボードの黒坂優香子さんの4人組からなるバンドです。

実は、この4人バンド意外にも全員読者モデルなんです。なぜ、読者モデルの4人がバンドを結成したかというと。

2010年夏に雑誌『CUTiE』で読者モデルをしていた吉田さんと梅村さんが10-FEETというバンドの曲をきっかけに意気投合。

さらに、お互いバンド経験者だったことを知り、他のメンバーを誘って結成されました。それでは、メンバー一人ひとりを深く掘り下げてみたいと思います。性格なんかもあわせて見ていきましょう!

まずは、ボーカル・ギターの吉田菫さん。福島県出身の1992年生まれの現在24歳です。

バンドメンバーの中で最年少なのが彼女です。あだ名は『すう』。雑誌『CUTiE』などで読者モデルとして活躍しています。

高校一年生の時に同級生とアニメ『けいおん!』の曲やマキシマムザホルモンなどの曲をカバーしていたバンドを初めて組んだみたいです。

また、彼女は作詞作曲を行い、ほとんどの楽曲の作詞は彼女によるものなんです。

彼女、実は、中学生時代はかなりやんちゃだったみたいで、高校にも奇跡的に受かったなど、少しおバカキャラという話もあります。

ブログの内容やライブの様子からなどでもは、明るくマイペースで、やんちゃな性格みたいです。

つづいて、ドラムの梅村妃奈子さん。東京都出身の1991生まれの現在25歳。

あだ名は『ひなんちゅ』。吉田さんと同じ雑誌『CUTiE』で2013年まで専属読者モデルをつとめていました。過去には、インドネシアに住んでいたこともあり、その影響からか洋楽好きなロックな一面も。

『関ジャニの仕分け∞』の『太鼓の達人』に出演した際には、その実力とルックスから天才美少女ドラマーとして話題になりました。

そして、出身大学はなんと中央大学!才色兼備とはこのことですね。

次は、ベースの山内あいなさん。神奈川県出身の1988年生まれの現在28歳。メンバーの中では一番お姉さんで、唯一の昭和生まれです。あだ名は『あいにゃん』雑誌『mina』の読者モデル。

ベースをやっていたお兄さんのライブを観に行った時に、ベースのかっこよさにひかれたのがきっかけで、学生時代にバンドを組んだみたいです。

そして、彼女はイラストが得意で、自らがグッズのイラストを書き、ファンから親しまれているキャラクター「サイサイくん」なども彼女自身の手によって描かれています。

最後は、シンセイサイザー・キーボードの黒坂優香子さんです。埼玉県出身の1989年生まれの現在27歳。

あだ名は『ゆかるん』。雑誌『Ray』で読者モデルをしており、実は彼女サイレントサイレンをはじめるまでは、ずっとアイドルの曲などを聴いていて、バンドの曲を聴いたり、演奏したことがなかったらしいです。

小学校の頃にピアノを習っていたみたいなので、その時に習ったことが今のキーボードー演奏に結び付いているんでしょうね。

また、学生時代にバレエをやっており、『関ジャニの仕分け∞』の「柔軟女王決定戦」に出演し話題になりました。

出典:Amazon

バンド名の由来

さて、このサイレントサイレンというバンド名ですが、その由来がまた面白いです。

ボーカルの吉田さんがサイレント(音を立てない・無音)とサイレン(警鐘・警笛など警報を知らせる装置)って意味が逆なの?と質問をぶつけていたらしく、そのことがバンド名の由来だと言われています。

 

演奏評価は?

さて、そんなサイレントサイレンですが、実際の演奏技術やバンドとしての評価はどうなんでしょうか?

読者モデル出身だから、ルックス優先、人気先行なのかと思いきや、実は、モデルの仕事もしながら、週に3回は、練習を行い個人練習も欠かさないなど、かなり本気でバンド活動をしているみたいです。

 

伊野尾慧ベストアーティストで腰&ダンスが変だった訳?彼女や妹の画像も!↓

伊野尾慧ベストアーティストで腰&ダンスが変だった訳?彼女や妹の画像も!

 

しかし、ネットの評価では「武道館のライブもいける!」という意見がある反面、「サポートメンバーでなんとか持っている」など読者モデルというイメージがあるせいか、賛否両論の意見があります。

とはいえ、練習熱心な姿勢やバンドへの取り組みは本気なようなので、これから演奏技術があがるにつれて、バンドとしての評価もどんどんあがっていくのではないでしょうか。

 - 女性アーティスト